股関節の痛みの症例①

第三階層股関節の痛みキャッチ

股関節の痛みの症例のページです

ひとえに股関節の痛みといっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で股関節の痛みでお悩みだった方の症例の一部。

あなたの股関節の痛みの原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい股関節の痛みはきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

左股関節の痛みでお悩みの44歳男性

主訴

左股関節の付近の痛み。

年齢及び性別

44歳、男性 岐阜市在住 会社員

初回の施術

2015年3月

症状

・半年前から左の股関節の付近に痛みが出るようになる。

・あぐらをかく時、大股で歩く際に痛みが出る。

・寝起き時によく首に痛みが出る。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・あぐらをかくことが日常生活の中であるので、痛みなく生活できるようになりたい

・テニスしているのでテニスを楽しみたい

検査

・左右骨盤の動き(+)/背骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/左股関節外転(+)/左右足首の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。特に内臓反射の調整による反応が大きい

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/背骨の動き(+)/左股関節外転(+)/左右足首の動き(+)

股関節の動きはよくなっているが、痛みはまだあるとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

内臓の調整による変化が大きい

3回目の施術(4日後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/左股関節外転(+)/左右足首の動き(+)

疲れてくると股関節の痛みが出てくるが、痛みの程度は軽減しているとのこと

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

動きも良くなっているので、期間を延ばして経過観察することに

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/左股関節外転(+)/左仙腸関節の動き(+)/左右足首の動き(+)

日常生活の痛みはほとんど出なくなってきた。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

5回目の施術(1週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/左仙腸関節の動き(+)/

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

状態も安定してきているので期間を延ばしていくことに。

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/左仙腸関節の動き(+)/右臀部の動き(+)

春先は行事が多く、疲れが溜まってきたら右のお尻あたりに痛みが出るようになったとこのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

日常生活の違和感が減ってきたので、このまま経過観察をしていくことに。

院長の見解

股関節はいろいろな動きができるので、一度痛みが出ると様々な動きに制限がかかりますよね。

この方の場合は、日常の動きではあまり制限がなく『あぐらをかく・大股で歩く』などの特定の動作がしなければ痛くないというのがありました。

股関節に一番影響していたのは実は内臓のゆがみでした。特に肝臓と腎臓の疲れが強くそのゆがみの影響を受けた結果が股関節に症状として現れていました。

内臓の疲労っていうと病気のイメージがございますが病気ではありません。内臓のゆがみは内臓が下垂すること。一番わかりやすいのが胃下垂。胃下垂って病気ではないですよね。

内臓がゆがむことで、その内臓に応じた体のゆがみが生じてしまうのです。

現在(平成29年1月)も定期的に施術を受けていただいており、月に1回の頻度でメンテナンスをされております。疲れが溜まるので硬さはありますが、テニスも本格的に復帰して楽しんで日々を過ごされております。

股関節(足の付け根)の痛みについて詳しくはこちら

股関節(足の付け根)の痛み

股関節(足の付け根)の痛みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加