座骨神経痛の症例①

第三階層座骨神経痛キャッチ

座骨神経痛の症例のページです

ひとえに座骨神経痛といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で座骨神経痛でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの座骨神経痛の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい座骨神経痛はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

座骨神経痛でお悩みの43歳女性

主訴

左のお尻〜足にかけての痛み

年齢及び性別

43歳、女性 岐南町在住 パート

初回の施術

2015年4月

症状

・3週間ほど前に仕事中に左お尻に痛みが出た。数日前から急激に痛みが強くなり足を引きずらないと歩けない。

・左手首に体重をかけるのと痛い

症状が良くなったらどうなりたいか?

・痛みなく生活をできるようにしたい

検査

・左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/右肩の挙上(+)/左4の字テスト(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

内臓反射の調整にて痛みの軽減が強い

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左4の字テスト(+)

痛みなく歩けるようになった。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

手首に体重かけても痛みが出なくなる

3回目の施術(4日後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)

お尻にかけての痛みはほぼ出ていない

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きも制限なく動くようになる。

動きも自覚も問題ないので期間を延ばして経過観察をすることに。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・蝶形骨の動き(+)/前頭骨(+)

アレルギー性鼻炎の症状が気になる

お尻の症状は全く出ていない

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

元々のお尻の症状は完全にないので期間を更に延ばしていくことに。

5回目の施術(2週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)/

いろいろと用事が立て込んで疲れが溜まってきているとのこと。痛みはない。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

疲労の要素だけで問題がないようなのでさらに期間を延ばしてみることに。

6回目施術(3週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)/アキレス腱の硬さ(+)

立って仕事している時間が長いとのこと。下腿部の循環(+)

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

疲労の要素以外問題は全くないので、ご自身のタイミングにて今後はご連絡いただく形でご了承いただく。

院長の見解

立ち仕事をしていて、少し半身の状態で作業をされる為に左のお尻〜足にかけての痛みが出ていました。

この方はとても体の動きが良くて体質なのですが本当に血流の問題がないのが特徴でした。

座骨神経痛の原因となっていたのは内臓の問題が一番の影響になっていました

食生活の改善のアドバイスをさせてもらってすぐに調子が戻り、3回目にはほぼ痛みがない状態になりました。

現在(平成29年1月)も2ヶ月に1度くらいの頻度で施術を受けに来られておりますが、疲労が溜まることで下半身にむくみが出てしまうのが気になっているくらいで後はほとんど問題なくお過ごしいただいております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加