群発頭痛(目の奥の痛み)の症例①

第三階層頭痛②キャッチ

頭痛の症例のページです

ひとえに頭痛といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で頭痛でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの頭痛の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい頭痛はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

群発頭痛(目の奥の痛み)でお悩みの38歳女性

主訴

目の奥の痛みと首の痛み

年齢及び性別

38歳、女性 岐南町在住 パート

初回の施術

2014年10月

症状

・1週間ほど前から急に目の奥に痛みが出るように。30歳を過ぎてから頭痛の頻度自体が増えてきてつらい。

・肩こりと首の痛みもひどい。

・下半身のむくみが気になっている。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・目の奥の痛みがあると何もできないくらいつらいので、痛みがない状態にしたい

・頭痛が定期的に出るのは嫌なので頭痛を忘れて生活できるようになりたい

検査

・背骨の動き(+)/蝶形骨の動き(+)/左右側頭骨の動き(+)/手首の動き(+)/足首の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/手首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

手首の調整による変化が大きい

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・蝶形骨の動き(+)/左右側頭骨の動き(+)/手首の動き(+)/足首の動き(+)

目の奥はまだ痛いとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

手首と足首の調整による変化が大きい。蝶形骨が動くようになってくると施術後は目の奥の痛みも軽減する

3回目の施術(3日後)

施術前検査

・右蝶形骨の動き(+)/左右側頭骨の動き(+)

施術後は楽になったのだが、2日くらいしたらまた目の奥に痛みが出てきたとのこと

肩や首の凝った感じはなくなったとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

痛みがまだ出る様子なので、早めに経過観察を行うことに

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・左右側頭骨の動き(+)/下腿部の循環(+)

仕事の都合で本来4日後だったが来れず、1週間後の施術となった。

雨が降る前と雨降りの日に目の奥の痛みがでるが、他の日は急に痛みが出なくなったとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

目の奥の痛みは軽減してきているので、期間を延ばして経過観察を行うことに。

5回目の施術(10日後)

施術前検査

・右側頭骨の動き(+)/蝶形骨の動き(+)/篩骨の動き(+)/手首の動き(+)/足首の動き(+)

硬さはあるものの目の奥の痛みは出ていないとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

疲れによる硬さはあるものの、自覚症状はほとんど出なくなった様子なので期間を延ばして経過観察をすることに。

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・左右側頭骨の動き(+)/蝶形骨の動き(+)/腰に痛み

子ども会の役員でバタバタしている。前日に1日歩いており腰に痛みが出ているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

疲労による問題以外特に出ていない様子なので、今後はご自身のタイミングにてご連絡いただく形にてご了承をいただく。

院長の見解

群発頭痛(目の奥の痛み)でお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

この方もそうなのですが、目の奥の痛みが頭痛だということを気づいていらっしゃられない方もおられますよね。

目の奥の痛みがある場合、まずはMRIにて病院で検査を受けていただき脳に異常がないかを先に確認しておくと安心できるのではないかと個人的には思っております。

この方もMRIで問題がなかったのだが、薬を飲んでも一向に痛みが変わらないのでこはら治療院にお越しいただきました。

目の奥の痛みがある場合は、ほとんど頭蓋骨のゆがみが要因となります。特に蝶形骨の動きがうまくできず眼圧が上がっていることが要因ではないかと推測しておりますがだいたい蝶形骨の動きが正しくできるようになると痛みが軽減してきています。

この方も蝶形骨の動きが良くなってきたら、その後は雨降り前以外はほとんど出なくなりました。現在(平成29年1月)も痛みが出てきたタイミングでお越しいただいておりますが、最近は雨降り前の影響も少なくなってきて疲労が限界に達したサインとして現れているようです。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

頭痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加