座骨神経痛の症例③

第三階層座骨神経痛キャッチ

座骨神経痛の症例のページです

ひとえに座骨神経痛といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で座骨神経痛でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの座骨神経痛の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい座骨神経痛はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

左のお尻から太ももの外の痛みでお悩みの32歳女性

主訴

左のお尻から太ももの外側の痛み

年齢及び性別

32歳、女性 岐阜市在住 会社員

初回の施術

2016年3月

症状

・3週間ほど前に重い物を持ち上げた際に、左のお尻から太ももの外側に痛みが出るようになる。

・立ち上がる時と長時間立っているとに痛みが出る。

・首が凝りやすく凝りすぎると眠れなくなる。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・痛みを気にせずに生活できるようにしたい。

・夜眠れないのが気になるのでちゃんと眠れるようになりたい。

検査

・左骨盤の動き(+)/中部胸椎の動き(+)/左右股関節の動き(+)/左4の字テスト(+)/右腰のツイスト(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

首のゆがみによる変化が大きい

2回目の施術(4日後)

施術前検査

・右骨盤の動き(+)/中部胸椎の動き(+)/右股関節の動き(+)/左仙腸関節の動き(+)/頸椎2番の動き(+)

お尻から太もも外側の痛み10→3くらいまで減っているとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。腰椎の調整をすると動きが出るように。

首のゆがみの調整による変化で施術前検査の動きほぼなくなる。

3回目の施術(4日後)

施術前検査

・中部胸椎の動き(+)/頸椎2番の動き(+)

痛み出ていないとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

痛みもなく、検査の動きも良い状態なので期間を延ばしながら経過観察をすることに。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・左右肩甲骨の動き(+)/ふくらはぎの固さ(+)

仕事が忙しく首~肩に凝った感じはするが調子は良いとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

痛みもなく、検査の動きも良い状態なので期間を延ばしながら経過観察をすることに。

5回目の施術(2週間後)

施術前検査

・ふくらはぎの固さ(+)/子宮のゆがみ(+)

違和感なく過ごせているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

下半身の血流が疲れてくると悪くなるので、セルフケアのアドバイスを行う。

痛みもなく、検査の動きもかなり良い状態なので期間を延ばしながら経過観察をすることに。

6回目施術(4週間後)

施術前検査

・左肩甲骨の動き(+)/首の伸展(+)/ふくらはぎの固さ(+)

多少疲れた感じはあるが調子はかなり良いとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

疲労以外の問題はなく過ごせているので、今後はご自身のタイミングで違和感が取れなくなったらご連絡いただく形にてご了承いただく。

院長の見解

この方は元々セルフケアをご自身で行っていてかなり動きが柔らかい状態でした。

この方の場合座骨神経痛に一番影響していたのは首のゆがみでした。後は下半身の血流が悪くなるくらいで元々の状態が良かったのですぐに痛みが消えたのだと思います。

セルフケアも考え方がいろいろとありますが、行った後に痛みや違和感が残ったりするものはやりすぎです。こはら治療院にも、ストレッチをして痛めたという方が何人も来られていますがなんでも伸ばせばよいわけではないので伸びているなと思ったら止めるくらいのストレッチで大丈夫なのだと覚えておいていただければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加