冷え性の症例①

第三階層冷え性キャッチ

冷え性の症例のページです

ひとえに冷え性といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で冷え性でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの冷え性の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい冷え性はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

慢性的な下半身の冷えとむくみでお悩みの30歳女性

主訴

下半身の冷えとむくみが気になる。便秘がひどく5日に1回くらいの頻度でしか出ない。

年齢及び性別

30歳、女性 岐南町在住 パート

初回の施術

2016年12月

症状

・下半身の冷えとむくみ

・便秘

症状が良くなったらどうなりたいか?

・これから子どもも考えているので、体質的な悩みをしっかり良くしたい

検査

・左右骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左肩上部の張り(+)/下腹部の張り(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

内臓反射の調整による影響が強い

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・左右骨盤の動き(+)/左右肩甲骨の動き(+)/下腹部の張り(+)

便秘がひどいのが気になるとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

内臓のゆがみの影響が強い

3回目の施術(1週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/背中の張り(+)/左足の外旋(+)/下腹部の張り(+)

年末年始を挟んだので期間は少し長くなった。休みの間は結構暴飲暴食したとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

下腹部の張りは内臓反射によって変化。筋ポンプによる手足の血流の調整を行うと動きの変化が大きく、むくみもかなり軽減することより運動頻度についてのアドバイスを行う。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・右背中の張り(+)/右太もも裏の張り(+)/下腹部の張り(+)

下半身のむくみが軽減し足首にくびれが出てくるようになってくる。(自覚的には気づいてはいない)

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

寒いのでコタツの番をしていることが多いらしいので、コタツの中でもできるセルフケアをアドバイスする

5回目の施術(1週間後)

施術前検査

・腰仙の動き(+)/左右骨盤の動き(+)/右背中の張り(+)

女の子終わりがけとのこと。(女の子があると骨盤付近の緊張が増すので硬くなりやすい

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

他覚的に触ってみて明らかに冷えの感じは軽減してきており、むくみも以前より軽減がみられるので期間を延ばしながら経過観察をすることに

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・背中の張り(+)/肋骨の動き(+)/太もも裏の張り(+)

便通があった後は下腹部の張りもかなり少なくなっている

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

冷えやむくみは自覚的には分かりにくいが確実な変化がみられている

今後妊娠なども含めて計画しているとのことなので体の状態をサポートしていく形で引き続き経過観察を行う形でご了承いただく

院長の見解

下半身の冷えとむくみが特に気になっていてお越しいただいたこの方の症例。

基礎体温は正常範囲(36.2度くらい)で体温自体が低いタイプではなく下半身の温度測定を行っても低くなかったので自覚的な冷えが強いタイプの冷え性です。

冷え性は実際に温度が低くなくても自覚的に冷えていると感じていれば冷え性となります

この方の場合特に影響が強かったのが内臓のゆがみと手足の血流の問題

日頃から運動は得意ではなく、苦手で仕事以外jはほとんど家の中でコタツの番をしているような感じで血流を流すのが苦手になっている状態でした。

筋ポンプにて血流を促していくとむくみの軽減がみられていることより、血流が流れれば軽減が見込まれる可能性が高いのでご自宅でもできるセルフケアをアドバイスして実践いただいております。

またお菓子が大好きで毎日結構食べている様子だったので、デトックス系の能力が下がっていることも要因になっていましたので食事バランスの見直しのアドバイスもしました。

現在(平成29年2月)も月に1回くらいの頻度で継続されておりますが、これから温かくなってきた段階で体質変化がどう出てくるのかもみながら体質改善をしっかりサポートしていきたいと思います。

冷え性について詳しくはこちら

冷え性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加