ぎっくり腰の症例④

第三階層ぎっくり腰4キャッチ

ぎっくり腰の症例のページです

ひとえにぎっくり腰といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方でぎっくり腰でお悩みだった方の症例の一部。

あなたのぎっくり腰の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらいぎっくり腰はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

重いものを持ち上げた瞬間ギクッとなった腰の痛みでお悩みの46歳男性

主訴

腰から左お尻の痛み

年齢及び性別

46歳、男性 岐阜市在住 会社員

初回の施術

2016年12月

症状

・昨日重量物(子供さんの机)を持ち上げた際に腰がギクッとなって動けなくなった。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・ここまでひどくなったことはないが、今までに何回かぎっくり腰をしているのでちゃんと体を良くしたい

検査

・腰仙部の動き(+)/腰椎の動き(+)/左右肩の挙上(+)/右腰のツイスト(+)/左臀部の張り(+)/右足首の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

内臓反射の調整による影響が強い

2回目の施術(5日後)

施術前検査

・腰仙部の動き(+)/右起立筋の張り(+)/左背中の張り(+)/左お尻の張り(+)/右足首の動き(+)

前回の施術の後から動き始めに左のお尻からすねのあたりにしびれが出るようになったとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

内臓のゆがみの影響が強い

腰の痛みはなくなるがお尻の違和感が続いているとのことなのでお尻周りのセルフケアをアドバイスする

3回目の施術(5日後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右起立筋の動き(+)/左右肩の挙上(+)/左お尻の張り(+)

程度は軽くなっているがまだお尻のあたりがピリピリとして痛いとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

お尻の張りは太もも裏のピンポイントに残っていたつっぱりを筋ポンプした瞬間になくなり痛みもなくなった為ゆがみを調整していった結果この部分の問題が浮き上がってきたと推測される。

この時点では痛みがまだある為早めに次回施術をすることでご了承いただく

4回目施術(3日後)

施術前検査

・腰仙部の動き(+)/左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左太もも裏の張り(+)

前回の施術以後お尻の痛みはかなり軽減してきているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

自覚症状の軽減と仕事が遠方の為休みの日にしか来れない為次回を1週間後で経過観察をすることに

5回目の施術(1週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/左背中の張り(+)/左太もも裏の張り(+)

左のお尻の痛みはその後なくなったとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

自覚症状がなくなったこと・検査の動きも良くなってきていることよりさらに期間を延ばしながら経過観察をすることに

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/左右肩甲骨の動き(+)/左右肩上部の張り(+)/右足首の動き(+)

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

腰やお尻の痛みは出なくなったので無事に卒業となる。違和感が出るようであればまたご連絡をいただく形

院長の見解

子供さんの机を持ち上げた際にぎっくり腰になってしまったこの方の症例。

ぎっくり腰というといきなりなるイメージは強いですが、疲労の限界がその瞬間に起こっただけです。

ぎっくり腰になるということはそれだけ疲れが溜まりすぎているのでちゃんと体の状態と向き合うタイミングと考えていただいても良いかと思います。

この方の場合、影響が強かったのは内臓のゆがみ

ゆがみを調整する中で、お尻に痛みと痺れが出るようになったのは元々体が感じていなかった根深い問題が炙り出てきたサインでした。この方の場合は太もも裏の問題があって症状が出てきていましたので太もも裏の調整を行っていくと症状が軽減していきました。

その後は痛みもなくお過ごしいただけている様子なので、この調子で痛みのでにくい体を維持していただければ嬉しく思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加