ぎっくり腰の症例⑤

第三階層ぎっくり腰5キャッチ

ぎっくり腰の症例のページです

ひとえにぎっくり腰といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方でぎっくり腰でお悩みだった方の症例の一部。

あなたのぎっくり腰の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらいぎっくり腰はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

1週間経っても動くのもつらいぎっくり腰でお悩みの44歳女性

主訴

ぎっくり腰

年齢及び性別

44歳、女性 岐阜市在住 自営業

初回の施術

2017年1月

症状

・元旦の寝起きに腰に痛みが出る。その日は普通に動けたので動いたら、次の日からは動くのもままならない状態になってしまった。1週間様子を見たが一向に良くなる気配がないので連絡をした。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・仕事でキックボードを使い移動をするのだが、今の状態では仕事にならないのでなんとかしてほしい

・家事をするのも大変なので家事もちゃんとできるようにしたい

検査

・右骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左右腰のツイスト(+)/右股関節の動き(+)/左右仙腸関節の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

内臓反射の影響が強いぎっくり腰用の腰痛体操のアドバイスを行う。

2回目の施術(2日後)

施術前検査

・腰仙部の動き(+)/腰椎の動き(+)/右腰ツイストの動き(+)/右臀部の張り(+)

施術の後はかなり腰が楽になった。朝寝起きの違和感はまだあるとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/下半身の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの制限がなくなる。

足首のゆがみと下半身の筋ポンプを行うことで施術後の痛みはなくなる

3回目の施術(5日後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右足首の動き(+)/右浅結節靭帯の動き(+)

前回施術の2日後から仕事も復帰できたキックボードを使ってみたが痛みなく過ごせるようになっているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/下半身の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの制限はなくなる。

ぎっくり腰コースにおける問題は全て解決できたので、ご卒業となる。

院長の見解

1週間経っても動くのもつらいほどのぎっくり腰でお越しになられたこの方の症例。元旦の寝起きに腰を痛めたとのことだったので新年早々本当に大変だったかと思います。

昨年の正月にも腰を痛めているとのことでしたので、年末年始で気が少し緩んで疲れがドッと出たのだと推測されます。

ぎっくり腰が出るにはタイプがいくつかございますが、上半身が問題になるタイプ・下半身が問題になるタイプ・内臓が問題になるタイプの3つに分けることができます。

いずれのタイプにも共通していることは疲労の限界であるということです。ぎっくり腰や首の寝違えは起こる場所こそ違いますが疲労が限界に達した状態で起こっていることが共通しています。

 

この方はぎっくり腰コースでの施術をご希望でしたので、3回のみの施術で行わせていただきました。

この方の場合、カウンセリングをしていて生活環境やお仕事のことを確認したところ下半身の問題でぎっくり腰になっていることがありました。特に足首のゆがみの影響強くなっていました

施術直後は1回目からかなり痛みも動きも軽減してきていましたので良くなる力はしっかりあって、ご自身ではなんともできない状態だったのかなという印象です。

ぎっくり腰コースの3回の施術でほとんどの方のその時の症状は軽減・元の生活に戻れるレベルにすることは可能です。ただ、生活習慣等の改善を行わないとまたゆがみが発生してしまいますので生活習慣のアドバイスもトータル的にサポートをしてもらいたいという方は通常のコースで受けていただくことをオススメいたします。

こちらに関してはカウンセリング時に説明とプランの提案をさせていただきますのでご検討いただければ嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加