自律神経失調症の症例④

第三階層自律神経失調症4キャッチ

自律神経失調症の症例のページです

ひとえに自律神経失調症といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で自律神経失調症でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの自律神経失調症の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい自律神経失調症はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

ストレスが溜まってくると頭痛と肩こりがひどくなり夜寝るのも大変になってしまう症状でお悩みの24歳男性の症例

主訴

自律神経失調症・頭痛・肩こり

年齢及び性別

24歳、男性 美濃加茂市在住 販売員

初回の施術

2017年1月

症状

・1年前から肩こりと頭痛がひどい。ストレスが溜まってくるとよりひどくなる傾向がある。

・心臓のバクバクが強くなり興奮しやすい。不眠気味。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・肩こりと頭痛がひどく仕事に集中できないので仕事に負担なく過ごせるようになりたい

・自律神経失調症の症状をちゃんと良くしたい

検査

・左右骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左背中の張り(+)/左右肩の挙上(+)/左右股関節の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

首のゆがみの影響が強い

2回目の施術(2週間後)

仕事の都合で急遽変更になり2週間後になってしまう。

施術前検査

・左右骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左背中の張り(+)/左右肩の挙上(+)/左右股関節の動き(+)

施術の後は少し楽になったが疲れてくると症状が出てきたとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

首のゆがみと内臓のゆがみの影響が強い水分不足の反応が強くでているため水分補給をできるだけ意識していただくようにアドバイスを行う

3回目の施術(3日後)

施術前検査

・右骨盤の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)/左右股関節の動き(+)

肩こりは感じなくなってきているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

自覚症状の軽減が見られ始めていることと休みが不規則で直前にならないと分からないため、1週間前後でご都合のつく日で次回の予約をしていただく形にてご了承いただく

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/胸椎12番の動き(+)/左右股関節の動き(+)

ストレスが溜まってくると頭痛がでやすいとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

ストレスケアのセルフケアのアドバイスを行う引き続き水分補給を意識していただくこと下半身のセルフケアを意識していくことで体の動きはかなり楽になることをアドバイスする

5回目の施術(10日後)

施術前検査

・左肩甲骨の動き(+)/左右股関節の動き(+)/蝶形骨の動き(+)/頭頂骨の動き(+)腎臓の反応(+)

セルフケアはできる範囲で意識的に行っているとのこと。頭痛が少しひどいとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

頭痛は頭蓋骨のゆがみの影響があった為調整を行い様子見をしてみることになる

全体の体の動きはかなり楽になってきている休みの都合を見ながら次回の予約を入れていただくことに

6回目施術(10日後)

施術前検査

・右肩上部の張り(+)/頭頂骨の動き(+)

頭痛はその後楽になっているとのことより、ゆがみの要素の問題で出ていたことがわかる

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

体の動きは良くなってきている。疲労以外の要素は少なくなってきているので今後は疲労を溜まりにくい期間で引き続きご連絡いただく形となる

院長の見解

自律神経失調症と頭痛・肩こりでお悩みのこの方の症例。

この方は仕事の休みがかなり不規則で直前にならないと休みが確定できず(休みの急な変更が多い)都度ご連絡いただく形にて予約をしていただき施術を行いました。

自律神経失調症の問題として、この方の場合は実直で真面目な性格が要因の一つになっていました。

カウンセリングをしていてもすごく真面目な方できっちりしていないといけないという性格の部分が感じ取られました。体の症状としても、ご自身ですごく悩み過ぎてしまってそれが頭痛や肩こりに現れている部分がありました。

ですので、整体のゆがみの調整と合わせて生活習慣のアドバイスやストレスケアのアドバイスも行いました。

ゆがみとして強かったのが、首のゆがみと内臓のゆがみ。合わせて下半身の血流問題と水分不足がありました。

自律神経失調症方の場合、心の問題と体の問題の両方を持ち合わせていることが多いです。この2つは密接な関係がありどちらかのバランスが崩れるともう片方に負担がかかることが多い。

こはら治療院では体の問題を調整することで体の負担が減ることを目指しそれに伴い心の負担も減らしていく形で良くなることを目指しています。

両方をすぐに良くしようと焦ると返ってしっぺ返しを受けてしまいますので、時間はかかりますが慌てずにできることを一つずつ良くしていくとちゃんと良くなる方が多いですのでご参考になればと思います。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加