産後骨盤矯正の症例⑧

第三階層産後矯正8キャッチ

産後骨盤矯正の症例のページです

ひとえに産後骨盤矯正といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で産後骨盤矯正でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの産後骨盤矯正の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでその骨盤はきっと小さくなりますのでご安心くださいませ。

産後4ヶ月で腰痛でお悩みの28歳女性

主訴

産後4ヶ月。体重は残り8kg(妊娠中に18kg増えた)。ズボンはまだ太ももの下でひっかかる。

赤ちゃんを抱っこして反るときに腰が痛い。

年齢及び性別

28歳、女性 岐阜市在住 公務員(産休中)

初回の施術

2017年7月

症状

・ズボンがまだ履けないので産前の状態に戻したい。

・腰の痛み。

・尿漏れがある(1人目の出産後から)

症状が良くなったらどうなりたいか?

・産後のケアを今のうちにしっかりして気にせず過ごせるようにしたい!

検査

・背骨の動き(+)/左右肩甲骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/左右腰のツイスト(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

内臓反射のゆがみによる影響が大きい

2回目の施術(2日後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右背中の張り(+)/左右肩甲骨の動き(+)

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

3回目の施術(3日後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左背中の張り(+)/

腰の痛みはだいぶ程度軽いとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

全体の血流状態は良くなってきているので、期間を伸ばしながら経過観察を行う形となる。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)

動きがとても良い状態。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ/右三角筋部の調整

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

5回目の施術(2週間後)

施術前検査

・左右上腕部の張り(+)

産前のズボンが上まで上がるようになったとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/右背中の張り(+)

子宮内膜症があるのだが施術できるか相談された

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

2人目も考えているので、体調を整えながら継続していきたいとのことなので継続していく形となる。

7回目・8回目施術(3週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/左右背中の張り(+)/左右下腿部の張り(+)

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

9回目施術(4週間後)

施術前検査

・左背中の張り(+)/左右肩の挙上(+)

施術前にご懐妊されているとご報告あり(6週目)

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ(横向き)

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

 

ご懐妊されているので、体調等を見ながらまたご連絡いただく形となる

院長の見解

28歳で第一子出産後だったこの方。

産後4ヶ月でまだ産前のズボンが全然履けなくて産後骨盤矯正を受けようと思い立ってお越しいただきました。

ウエストのサイズは測定をしていたのですが、計測上はほとんど変わらなかったです。計測上変わらないということは骨盤の締まり方はもう固まっているということだと考えられます。

ですが、5回目の施術時に上までズボンが履けるようになっているので、サイズ計測は本当に目安であって傾きなどが安定してきたことによって履けたのだと思いました。

ご懐妊された時に教えていただいたのですが、第一子のご懐妊の時はなかなか妊娠できず妊活もされたそうです。1年妊活してようやく授かった命だったので今回も今から準備して1年後くらいだろうと思っていたそうですが、2ヶ月でできてしまってすごくビックリされてました。

妊活で大切なポイントは体のゆがみがちゃんと整っていることと血液やリンパの質です。

特にご懐妊がなかなかできない方の場合、体液の質が悪いことも多くこちらに関してはサプリメントなどを併用した方が良い場合も多いです。

ただこの方の場合は質の問題はなかったようですね。

元気なお子さんをぜひ産んでほしいなと思います。

このページの作成者について

小原大作

著者:小原大作

〜略歴〜

岐阜県岐阜市の整体院『こはら治療院』院長

プロの整体師約600名が在籍している整体協会にて講師を平成26年2月より勤めているプロを指導するプロの治療家。

ゆがみの改善に特化したその治療法で、多くの方のサポ−トをしている現役の治療家。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加