腰椎分離・すべり症の症例

第三階層腰椎分離症キャッチ

腰椎分離すべり症の症例のページです

ひとえに腰椎分離すべり症といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で腰椎分離すべり症でお悩みだった方の症例の一部。

あなたの腰椎分離すべり症の原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい腰椎分離すべり症はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

腰椎分離すべり症による腰の痛みと両足のしびれでお悩みの28歳男性

主訴

腰椎分離すべり症による腰の痛み

年齢及び性別

28歳、男性 岐阜市在住 医師

初回の施術

2014年10月

症状

・中学2年の時に腰椎5番の分離症。以後疲れてくると腰が痛い。

・最近、両足のだるさ・しびれが出るようになる。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・腰の痛みを気にせずに仕事がしたい

検査

・左右骨盤の動き(+)/背骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/左右腰のツイスト(+)/足首の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・左右骨盤の動き(+)/背骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/左右腰のツイスト(+)/足首の動き(+)

腰を前にかがむと足にしびれが出る。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/腰椎の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。腰椎の調整をすると動きが出るように。

3回目の施術(4日後)

施術前検査

・右骨盤の動き(+)/背骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/左腰のツイスト(+)/足首の動き(+)

長時間立っていなければ腰が楽になる。立っていないといけない日は痛みが出るとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ/腰椎の調整/針

今回より希望により針も追加して行う。

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

症状は軽減してくるが疲れが強いのでしばらく週に2回の頻度で様子見をみることでご了承いただく。

4回目〜6回目施術(2回/1週間)

施術前検査

・右骨盤の動き(+)/背骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/足首の動き(+)

この頃から、痛くない時間が長くなり始める。針をした方が調子が良いとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ/腰椎の調整/針

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

足のしびれは出なくなってきた。立ち仕事の際の姿勢で首の疲れが強くなってきている。

7回目の施術〜11回目の施術(1週間に1回)

施術前検査

・右骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/右肩の挙上(+)/首の伸展(+)/足首の動き(+)

この頃から立ち仕事の際の姿勢の負担が大きいことが増え首の負担が強く出る。腰は楽になってきているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ/腰椎の調整/針

施術後検査

・毎回、施術前検査の制限はなくなる。

違和感の軽減がみられてきたので期間を延ばしていくことに。

12回目施術(2週間後)

施術前検査

・右骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左右肩の挙上(+)/足首の動き(+)

足首の動きの制限がなくなってくる。長時間立って疲れが溜まらなければ痛みが出ることはほぼなくなる。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ/腰椎の調整/針

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

日常生活の違和感が減ってきたので、このまま経過観察をしていくことに。

院長の見解

仕事柄立っていることも多く、足のしびれが出てきた段階でさすがにヤバいと思いお越しいただきました。

中学2年生の頃に腰椎分離症を発症しており、腰はどうしても負担がかかってくると痛みが出やすいのですが、分離症だからではなく疲労によって出ている状態でした。

この方の場合、腰部椎間板ヘルニア一番影響を受けていたのが足首のゆがみ。日頃立ち仕事で足首のゆがみが強くなっていることが要因でした。

腰椎に対するアプローチと針も行うことでかなり負担が軽減して違和感が0とまではいきませんが気にならないレベルまでは軽減してきました。

後はいかにして疲労が溜まりにくい状態を作っていけるかです。現在(平成29年1月)も、月に1回の頻度で定期的に施術を継続しております。

今でも継続してお仕事をされており、時にはほとんど寝ずに仕事をされているほどですがセルフケアに対する意識がとても高いので体調の維持もしやすく過ごされておられるかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加