腰痛の症例③

第三階層腰痛③キャッチ

腰痛の症例のページです

ひとえに腰の痛みといっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方で腰の痛みでお悩みだった方の症例の一部。

あなたの腰の痛みの原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらい腰の痛みはきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

左腰の痛みでお悩みの31歳女性

主訴

左腰の痛み

年齢及び性別

31歳、女性 笠松町在住 美容師

初回の施術

2016年4月

症状

・3週間くらい前から左腰がピリピリする。

・立っていると痛みが強くつらい。座っていたり・寝ていたりすると楽。

・側弯の症状がある。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・仕事が立ち仕事なので、仕事に支障がないようにしたい。

検査

・左骨盤の動き(+)/下部胸椎〜腰椎の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)/右足首の動き(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

座っていると楽で立っていると痛い為、下半身に問題があると推測される。足首の調整による影響が強い。

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左右足首の動き(+)/左右手首の動き(+)

立っている時のピリピリ感は軽減しているとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。

足首の調整による変化が大きい。使用頻度が多い為手首の負担も大きい

3回目の施術(3日後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/腰椎の動き(+)/左腎臓の位置下がり(+)/左右足首の動き(+)

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

自覚症状の軽減と検査での動きも良くなっている為、期間を延ばしながら経過観察をすることに。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・左骨盤の動き(+)/左腎臓の位置下がり(+)/左肩甲骨の動き(+)/左右足首の動き(+)

ピリピリ感はかなり減ってきたが、仕事が終わる頃になると症状が出るとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

疲労による問題はあるが、程度がかなり良い為さらに期間を延ばしながら経過観察をすることに。

5回目の施術(10日後)

施術前検査

・左背中の硬さ(+)/左肋骨の動き(+)/左右足首の動き(+)

痛みはほとんどでなくなったとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

自覚症状も出なくなってきているので、さらに期間を延ばしながら経過観察をすることに。

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・左背中の硬さ(+)/左右足首の動き(+)/顎関節の動き(+)

腰は痛みなくなった。首のコリ感が強いとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

仕事がハードなので、痛みはなくなったが施術を続けて良い状態を保っていきたいとのことで引き続き期間を延ばしながら経過観察をすることに。

院長の見解

元々、側弯症を持っている方なのでその影響で左の背中や腰・肩周りは疲れやすいのがあったかと思います。

それに加えて美容師という仕事柄半身の姿勢も多くそれによって疲労が限界に達した状態だったと推測されます。

この方の場合、腰痛に一番影響していたのが足首のゆがみでした。

他の方でもよくあるのですが、座っていたり寝ていると痛みがないのに立っていると症状が出る方はおられませんか?このタイプの方の場合、問題は骨盤〜下半身のどこかに問題があることがほとんどです。

逆に座っている時は痛いけど、立っていると楽な方の場合は骨盤〜上に問題がある場合が多いですので参考にしてみてください。

もしその場所が本当に悪いならば、姿勢によって痛みが楽になったりすることはありません。姿勢によって症状の軽減がみられる・時間によって症状の軽減がみられる場合は負担がかかった結果で症状がでています。このパターンは整体でゆがみを整えるとお手伝いできることが多いのでご安心ください。

もちろん、常時症状があってもお手伝いはできますので心配なさらないでください。ただし、このパターンの場合は時間がかかることが多いですので参考までに覚えておいてください。

現在(平成29年1月)も1ヶ月に1回の頻度で続けていただいておりますが、その後腰の痛みはほとんど出ることなく過ごされております。仕事もバリバリやれていて楽しそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加