うでの痛みの症例①

第三階層うでの痛み①キャッチ

うでの痛みの症例のページです

ひとえにうでの痛みといっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違います。

このページはこはら治療院にお越しの方でうでの痛みでお悩みだった方の症例の一部。

あなたのうでの痛みの原因・症状に応じたゆがみを良くする整体を行うことでそのつらいうでの痛みはきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

右肩の付け根からうでにかけての痛みでお悩みの69歳男性

主訴

右肩の付け根からうでにかけてのいたみ

年齢及び性別

69歳、男性 各務原市在住 自営業

初回の施術

2016年3月

症状

・3週間前に卓球でスマッシュを打った際に同部に痛みが出る。

・今はバックハンドで打つ時と上向きに寝ると痛みが出る。特に上向きになると痛くて眠れない。

・右ひざを深く曲げた状態でしばらくいると痛みが出る。

症状が良くなったらどうなりたいか?

・夜眠れないのは嫌なので痛みを気にせずに眠れるようになりたい。

・大好きな卓球をこれからも続けていきたい。

検査

・右骨盤の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)/左右肩の挙上(+)/右膝関節の動き(+)/左右腰のツイスト(+)

※検査は施術で用いている検査結果をそのまま記載しております。

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/内臓反射の調整/足首の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化は出る。

体の動きの変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

首のゆがみによる影響が強い

2回目の施術(4日後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)/右肩の挙上(+)/右膝関節の動き(+)/左右腰のツイスト(+)

夜寝るのは大丈夫になったとのこと。

 施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化あり。腰椎の調整をすると動きが出るように。

3回目の施術(3日後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右肩甲骨の動き(+)

卓球の時の痛みも減ってきているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きは動くようになる。

自覚症状の軽減および検査の動きも良くなってきているので、期間を延ばしながら経過観察を行うことに。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右肩の挙上(+)/右膝関節の動き(+)

卓球をした後にうでに少し違和感がでるとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

卓球の前後のセルフケアを意識的に行っていただくようにアドバイスを行う。

5回目の施術(1週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右肩の挙上(+)/右膝関節の動き(+)

疲れてくると違和感があるが、楽になってきているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

疲労による問題以外は軽減してきている様子なので、期間をさらに伸ばしながら経過観察を行うことに。

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・腰椎の動き(+)/右肩の挙上(+)/右膝関節の動き(+)

大きな違和感なく過ごせているとのこと。

施術

・首の調整/骨盤の調整/手首・足首の調整/内臓の調整/頭蓋骨の調整/全体の筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きの改善

卓球をするなど日々の疲れが溜まってきてまた痛くなるのは嫌なので、このままメンテナンスしながら経過観察をしていくことでご了承いただく。

院長の見解

健康維持の為にスポーツを続けているこの方。なんと、週4日卓球に励まれているそうです。

利き腕の痛みだったので、スポーツによる使いすぎが大きな原因かと思います。ゆがみとして一番影響していたのは首のゆがみでした。

膝の動きは、スポーツ時の使い方をアドバイスすることによってかなり疲れが溜まりにくくなってきて、現在(平成29年1月)も卓球を楽しみながら、仕事もバリバリとこなしておられます。

今は1か月に1回の頻度の整体で痛みも大きく出ることなく過ごされておられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加